MLguide

MLguideとは、ワンコインから利用可能な、観光スポットや、飲食店、土産物店など、また行政施設など…あらゆる場所で多言語や様々なコンテンツでの情報発信をサポートするソリューションです。

安価なコストで看板やPOPを様々な情報を受発信できるリアルタイム情報スポットに変えることができます。

利用者からのフィードバックを元に、日々バージョンアップを続けています。

新着情報

  • 利用状況の時間帯別・曜日別のサマリの提供をはじめました。(2020/3/1)
  • MLGUIDE ver.2への移行完了。更に正確な利用状況やエリア内での行動フローが確認できるようになりました。(2019/11/05)
  • 近隣のイベント情報が表示できるように機能拡張しました。(2019/10/12)
  • 近隣のスポットの賑わいがわかるアクセスランキング機能を実装しました。(2019/10/09)
  • アクセスログ収集、Cookieの利用に関するページを追加しました。(2019/05/06)
  • 2019年4月27日からのゴールデンウィーク10連休を含めて、6月末まで島原半島全域で実証実験を行います。多言語ガイドの利用状況データの収集などを行う予定です。(※個人を特定するような情報は取得しません)
  • 利用ログを取得できるようになりました。 (※個人を特定するような情報は取得しません)

採用実績

  • 島原市内事業者(2社)の製品紹介POPの多言語化に採用
  • 島原市内宿泊施設(4施設)の散策MAPの多言語化に採用
  • 国見神代小路歴史文化公園鍋島邸(1ヶ所) / 雲仙市教育委員会様
  • 島原城天守閣内(追加20ヶ所)/ 株式会社島原観光ビューロー様
  • しまばらめぐりんチケット(利用方法の多言語化・チケットへの印刷など)
    / 株式会社島原観光ビューロー様
  • 南島原市内観光スポット(実証実験・終了) / 南島原市様
  • 雲仙市内観光スポット(実証実験・終了) / 雲仙市様
  • 島原城内(50ヶ所)/ 株式会社島原観光ビューロー様
  • 鯉の泳ぐまち一帯(20ヶ所) / 株式会社島原観光ビューロー様