コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは?

コワーキング(Coworking)という働き方

最近、テレビや新聞紙面で「コワーキングスペース」というキーワードを見たり、聞いたりする機会が増えてきましたが、都市部を中心に件数が増えていたコワーキングスペースですが、徐々に地方都市にまで浸透し始めてきているようです。

で、皆さんはコワーキングスペースの「コワーキング」という言葉の意味をご存じですか?Wikipediaで調べてみると以下のような記述があります。


コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多い。
コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方であり、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コワーキングスペースを利用するメリット

メリット1. 開業資金を抑えることができる
コワーキングスペースは、複数の企業や個人でワークスペースをシェアして利用するので、通常の賃貸オフィスに比べて利用料が安くなります。また机や椅子などの家具や、各種備品、インターネット環境などが予め整っているので、全てを自前で揃える場合と比較すると費用を限りなく安く抑えることができます。

メリット2. 設備が揃っている
コワーキングスペースでは、机や椅子などの家具や、プリンターやフリーWi-Fiなど、ビジネスに必要な設備が最初から揃えられています。自前で揃える必要がないので、設備導入にかかる費用を安く抑えることができるうえに、開業までの時間を大幅に短縮することもできます。

メリット3. 利用者同士の交流の場
コワーキングスペースでは、利用者同士のコミュニケーションが活発に行われるので、その中から新しいビジネスアイデアが生まれることもあります。立ち上がったばかりの起業家やフリーランスの社交場としての機能もコワーキングスペースは持ち合わせています。

スタートアップ時のコストを最適化

スタートアップに活動拠点は必要不可欠ですが、オフィスの賃料などの固定費が大きくなりすぎると事業本体を圧迫してしまいます。
コワーキングスペースを活用すると、事業の活動ステージに応じて柔軟な使い方が可能なので、固定費の最適化が図れ、無駄なコストをカットし事業本体に資金を集中することができます。