【プレスリリース】島原半島初のコワーキングスペース「H.U.B」(ハブ) 「ながさき移住応援隊」へコワーキングスペースとして初登録

一般社団法人アールイー(島原市緑町 代表理事:長池泰昌)が、島原半島における初のサテライトオフィス拠点(コワーキングスペース)として8月1日から運営を開始した「H.U.B」(ハブ)が、長崎県への移住希望者を支援する活動を行っているながさき移住サポートセンターの「ながさき移住倶楽部」協力コワーキングスペースに初めて登録されました。

ながさき移住倶楽部は長崎県と県内市町が協働で運営しており、その会員はドロップイン(一時利用)の料金の割引特典を受けることができます。県外から長崎県や島原半島への移住を考えている方、U・Iターンして起業やリモート勤務を考えている方などへのワークスペースや地域とのコミュニケーションの場を提供いたします。 一般社団法人アールイーは、今後もコワーキングスペースの運営などの活動を通じて、地域が抱える課題の解決の一助となれるよう活動を継続してまいります。

▼コワーキングスペースH.U.Bとは
島原半島初の本格的なコワーキングスペースとして、島原市の万町アーケード商店街に8月1日にオープンしました。コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す言葉です。H.U.Bはオープンな環境で利用者間のコミュニケーションを促し、島原半島を拠点に活動するフリーランス、企業などとの協働による新しいビジネスの創出や、働き手不足の解消、また、島原を拠点に起業を考えている方の拠点としての活用などでの地域活性化と、昨今の働き方改革の流れへの対応(リモートワーク、テレワーク、ワーケーション、副業解禁など)を目的とした施設です。

▼参考リンク
一般社団法人アールイー:https://reshimabara.net/
コワーキングスペースH.U.B:https://reshimabara.net/hub/
ながさき移住ナビ:https://nagasaki-iju.jp/
ながさき移住倶楽部:https://nagasaki-iju.jp/support/ijuclub

▼本件に関するお問合せ先
コワーキングスペースH.U.B(運営:一般社団法人アールイー) 
島原市万町510-2F
担当:辻野貴士(つじの たかし)
電話:0957-61-1192(携帯:090-6634-6920)
Email:hub@reshimabara.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です